精子を増やす方法!生活習慣の改善で精子が増える?

近年、不妊で悩んでいる夫婦が増えています。

その原因の3割から半数は、男性側にあると言われていることをご存知でしょうか?

男性不妊の原因にも様々ありますが、その中でも多いのが「精子が少ない」ということです。

これは、高齢の男性ばかりではなく、若い男性にも増えていると言われています。

精子が少なくなる現象は、一体なぜ起こるのでしょうか?

その原因や改善方法について、ご紹介していきましょう。

精子が少なくて悩んでいる男性、必見です。

精子が少ない原因は?

まずは、どうして精子が少なくなってしまうのかという原因について探っていきましょう。

以前と比較して精液が減った、なかなか精液が出ないという悩みを抱える男性は多いです。

精液の量は自覚症状があるのでわかりますが、精子の数は実際に検査をしてみないと分かりません。

ですので、「精子の数が減っている」という自覚が無いのも仕方がありません。

しかし、実際に精液検査をして、精子の量が少なかったり運動率が悪かったりする男性は多いのです。

そこで自分の精液の状態について知ることになり、ショックを受ける男性もいるのですよ。

精子の量が少なくなってしまう原因の1つに、器質的な問題が挙げられます。

精子がうまく作られない疾患があり、それにより精子が少ない状態のことです。

これは全体の30%におよびます。

2つ目の原因としては、生活習慣加齢が挙げられますね。

喫煙や飲酒、ストレスなど様々な要因が絡み合い、精子が少なくなってしまう方も多いです。

そこで、精子を増やす方法についてご紹介してきましょう。

食事を改善して、精子を増やす

精子を増やす方法の1つ目は、「食事の改善」です。

ここ数十年、忙しくて朝食を食べないという方や、外食が続いていて栄養バランスがめちゃくちゃになってしまっているという方が問題になっています。

そこで、精子を増やすために有効な栄養素や、それらを多く含む効果的な食事の例を紹介していきましょう。

◆亜鉛

精子を増やすための栄養素として、まずは「亜鉛」がおすすめです。

亜鉛は精子を作る際に必要不可欠な栄養素であり、しっかりととることによって質が良い精子が作られると言われています。

亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣やレバー、うなぎ、牛肉の赤身などです。

特に、牡蠣には大量の亜鉛が含まれており、3個食べるだけでも一日に必要な亜鉛の量を摂取できると言われています。

牡蠣が好きだという方は、積極的に牡蠣を食べることをおすすめします。

亜鉛は、魚介類やお肉類に多く含まれている栄養素です。

◆アルギニン

精子を増やすために必要な栄養素、続いては「アルギニン」

アルギニンは準必須栄養素であり、精子自体の生成に関わっています。

アルギニンの成分はたんぱく質ですが、精子自体もたんぱく質から作られています。

そのため、しっかりとアルギニンを摂取することも精子を増やすことにつながるのですよ。

アルギニンは、牛乳や大豆、レーズン、かつお節などに含まれています。

アルギニンは、亜鉛との同時摂取がおすすめ。

ですので、アルギニンが含まれる食材と、亜鉛が多く入った魚介類を合わせたメニューを摂取しましょう。

これらの食材が、精子の生成を助けてくれますよ。

◆ビタミンE

精子を増やすための栄養素として、「ビタミンE」もおすすめです。

ビタミンEは、精子が作られる精巣自体の機能を高めてくれます。

そして、精子の運動率を上げてくれる働きもあるのですよ。

このことから、ビタミンEは意識して積極的にとりたい栄養素であると言えます。

ビタミンEが多く含まれている食材は、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、アボカドなどです。

ナッツは、体に良い栄養素がたっぷり含まれています。

美容にも良いと言われているので、毎日少量ずつ食べるのがおすすめです。

脂分も多いため、食べすぎには注意しましょう。

★精子を増やす3つの栄養素

  1. 亜鉛
  2. アルギニン
  3. ビタミンE

生活習慣を改善して、精子を増やす

精子が少なくなってしまう原因に、肥満喫煙があります。

肥満の男性は、標準体型の男性と比べ、精子の量や質が低いというデータも出ています。

また、喫煙をすると血管が収縮されるため、血流が悪くなります。

その結果、精子の量が少なくなってしまうのですね。

たばこから出る有害物質により、生殖機能にも悪影響が出てくるのですよ。

そこで、生活習慣の改善を提案します。

肥満の方は、少しずつダイエットや筋トレを行いましょう。

筋トレを行うと、精子を生成するのに大切な男性ホルモンが分泌されます。

運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高くなることが確認されている。ジョギングなどの「有酸素運動」とマシンなどを使った「筋トレ」、どちらも効果的。

引用:日経Gooday

テストステロンの分泌量が増えることによって、精子の量も増えていくことが期待できます。

また、喫煙をしている方は、これを機会に禁煙していきましょう。

長期間大量に喫煙を続けることによって、身体の中に有害物質がたまっていきます。

これが、生殖機能に悪影響を及ぼしていくのです。

そして、タバコは生殖機能だけでなく、ガンのリスクも高まります。

まさに、百害あって一利なし。

電子タバコへの変更、もしくは禁煙外来の受診がおすすめです。

★精子を増やす生活習慣

  • 肥満には…運動や筋トレ
  • 喫煙者は…禁煙や電子タバコへの変更

ストレスを無くして、精子を増やす

毎日忙しい生活を送っていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていきます。

仕事だけではなく、不妊で悩んでいるというご夫婦では、奥さんからの無言の圧力もあり、心理的にストレスを抱えているという方も少なくありません。

ストレスは、精子の減少につながると考えられています。

リラックスをしてセックスを行う場合と、緊張状態で行う場合では、精液の量も変わってくるのではないでしょうか。

ストレス社会と言われている現代。

ストレスがある状態が当たり前とは言え、過度なストレスは体に異変を起こしてしまいます。

精子を増やす方法として、ストレスをなくすように心がけることが大切です。

ストレスは、男性ホルモンの減少にもつながると言われています。

ストレス解消法としては、普段からゆったりとした気持ちで過ごす、しっかりと睡眠時間を確保する、休日は好きなことをして過ごすといった方法が挙げられます。

上では食事方法や生活習慣の改善をご紹介してきましたが、それらを全て厳密にこなしていくこともストレスになってしまうでしょう。

できる範囲で良いので、少しずつ負担にならない程度で行うのがおすすめです。

夫婦間での協力も、不可欠となってくるでしょう。

★精子を増やすストレス解消法

  • ゆったりとした気持ちで過ごす
  • しっかりと睡眠時間を確保する
  • 休日は好きなことをして過ごす

病院で診察を受けて、精子を増やす

自分でできる精子を増やす方法をご紹介してきましたが、不安がある方は、病院で診察を受けることをおすすめします。

自分の精子の量が少ないかどうかを確認する意味でも、一度診察を受けておくと気持ちが軽くなるでしょう。

現在では、精子が少ない方にも対応したサプリメント治療薬があります。

もちろん、医師の処方された薬であればその人に合ったものなので安心です。

気になるという方は、一度診察だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

不妊治療というと、女性ばかりが病院に通って診察を受けているイメージがありますよね。

しかし、最近では病院にも多くの男性が通っているのです。

初めは恥ずかしいと思われるかもしれませんが、病院の敷居は決して高くはありません。

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょう。

精子の数は重要!早めに改善しよう

いかがでしたか。

男性にとって精子が少ないということは、プライドを傷つけられたような気持ちになると思います。

傷つくのが怖くて、検査を受けたくないという方もいるかもしれませんね。

しかし、精子が少ないということは、妊娠させる能力が低いということです。

将来子どもが欲しいと思っている男性にとっては、死活問題ではないでしょうか。

ですが、精子の数は生活改善で増やすことができます。

早めの改善が、あなたの将来のプランに大きな影響を与えるのです。